Category
キーボード、購入したのですが・・・・・・・
_20160914_132027_convert_20160915194212.jpg

思っていたよりも大きかった・・・・(^_^;)
大きさ分かるように400ml缶おいて見ました。

でも、使ってみると全然入力のストレスが違います。
家ではPC使ってますけど(^_-)☆

あと、持ち運びの時にキーボードをどうバッグに入れるか迷っていたり・・・・・
どう入れても軽いのには助かりますけどネ。

重さの面だけでも、職場など持ち運ぶのはこちらになりそう。
もう、PC運ぶの嫌で。人間は一度楽すると戻れませんね。

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
「レヴェナント」読了。
普段より時間がかかってしまったのは、途中で気になっていたアノ本やアンナ本も読んでしまったから。
でも、面白かったです(^_^)v
IMG_20160521_112056_convert_20160521113706.jpg

さすがに熊に襲われた直後の描写は引きつりそうな感じでしたが、映画を見た方おっしゃっているような凄まじい描写は殆どありません。
CMから受けた印象とは小説はかなり違って・・・・・・・苛酷なサバイバルの物語でした。
生きる事への猛烈な執着、とでも言いましょうか。
知恵や機転、それにちょっとした巡り合わせ、そうした積み重ねが運命を変えていきます。

復讐への怒りがサバイバルへの大きなエネルギーになっているのですが、生き抜いていくことや、インディアン(あえてインディアンと書いておきます)の異文化、未知なる大自然、そうしたものに触れていき、主人公のグラスは変わっていきます。

主人公のモチベーションに復讐があるのは間違いないのですが、読者にとっては凄まじいサバイバルと冒険談に心を奪われていきます。

読み終わって、凄い話だと思いつつ、映画はどんな物語なのだろうという好奇心。
まったく違うもののような印象なのです。
たしかに映画原作ではなく、映画原案なので、違っても良い訳ですが。

写真に子供の姿もありますが、これが全く何を指しているのか小説を読んだ範囲では分かりません。
小説の世界観からは、ちょっと想像が付かない。

映画館は無理だけど、DVDになったら誰かと一緒に見てみようかなぁ・・・・・?

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
DSC_0229-1.jpg
この看板見るの、いつ以来でしょう?嫌が応もなくテンションがアゲアゲです\(^_^)/

中に入ると人だかりです。これは・・・・・・・・・
DSC_0230-1.jpg
塩田さんが楽員並びに楽器の説明トークショウです。
これって今日だけ?毎回?
開演10分前まで続いて、席に向かいます。

さて、舞台の幕が開いてからは楽しい時間の始まりです。
感じとしては、昔ながらの明るいウキウキする感じのミュージカルコメディ。底抜けに明るくて、幸せな時間を満喫出来ます。

橋本さとしさんと瀬奈じゅんさんも息がますます合っています。
村井さんと浅丘さんもなかなかの雰囲気です。
久しぶりで泉見君と戸井さんを観ましたが、元気でした。
それにしても、この時期に失業したら故郷のギリシャに帰るって、ありえなくない?

あと、アンサンブルの方々の踊りと歌が凄かった\(^_^)/(^_^)b

笑って楽しんでの三時間とちょっと。いい舞台でした。
ブロードウェイのアメリカとは全然違うヨーロッパの雰囲気が感じられます・・・・・・・題名は「ニューヨークに行きたい!!」なんですけれど(^_^;)
気軽に笑って楽しむにはもってこいです。

今日がマイ初日ですが、次回がマイ楽の予定です(^^)/~~~

ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでクリックをお願いします!
今日は帰りが遅かったのでほんのさわりだけ。

意気揚々とガスコンからパリへ向かうダルタニアンに父は剣と馬に、トレヴィル隊長への紹介状を渡すところまでは原作に忠実です。

でも原作では、その後に触れられもしないお父上だったんじゃなかったかなぁ?

それから老馬。舞台では何の役にも立たない馬ですが(あ、コンスタンスの気を引くのには役だったかも)、原作では大いに役立ちます。

マンから(あ、これはル・マンのことなのでしょうか?)パリへ向かうのに旅費もなく、宿代にも困ってしまったダルタニアンが売りに出すと、珍しい毛色だ、と思いがけなく高値で売れるんですね。
そういう役立ち方ですが・・・・・・・

次回からはネタバレしそうな時は前もって断りますね(^_^;)

ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ
昨日は三銃士のストーリー分析の予告みたいなことを書きましたが、本日は赤坂ACTシアターへ「嵐が丘」千穐楽へ行ってきました。

千穐楽だけあってすぐ近くに鳳蘭サマのお座席があって感激\(^_^)/
DSC_0200-1.jpg
配役は
ヒースクリフ・・・・・河村隆一
キャサリン・・・・・・・平野 綾
エドガー・・・・・・・・・山崎育三郎
イザベラ・・・・・・・・・荘田由紀
ヒンドリー・・・・・・・岩崎 大
ネリー・・・・・・・・・・・杜けあき
アーンショウ・・・・・上條恒彦
私的には河村隆一が「シカゴ」で気に入っていたのと、山崎育君が気になったのとで、行って参りました。
DSC_0202-1.jpg
内容的には、少し嵐が丘の毒気が抜けすぎていて、残念な気がしました。
でも、河村さんも平野さんも人気がありますね!

ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2721位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
566位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ