Category
帝劇公演終わってしまいました。
今回は個人的には2007年以来の感慨深い公演でした。

2007年は四人のバルジャン(山口祐一郎・今井清孝・別所哲也・橋本さとし)と四人のジャベール(岡幸二郎・今拓也・石川禅・阿部裕)がいました。
基本的にはクワトロキャストで、帝劇に11回、博多座に3回通いました(・・・・・今、考えるとバイタリティあったなぁ、と。若かったんですね)。

エポニーヌは笹新(笹本玲奈・新妻聖子)に知念里奈・坂本真綾だったし、マリウスにはこれでデビューした山崎育三郎と小西僚生、そして泉見洋平・岡田浩暉。アンジョルラスは岸祐二・坂元健二・東山義久?三人でしたっけ?思い出せない(-_-;)
コゼットは辛島小恵・菊地美香・富田麻帆

いま思い返してもわくわくの面々です。
それに二十周年ということで、鹿賀丈史ジャベールや岡アンジョルラス、石川マリウス、島田カポニーヌ、岩崎ファンティーヌなどのゲスト出演がありました!

東宝としてはある程度集客が見込める演目だとは言え、公開から二十年を過ぎ動員数に陰りが見えてきた時期でもありました。
二ヶ月以上の公演にもかかわらず、チケットは比較的取りにくいと言っても、取ることの可能な演目だったし。

結局、旧演出では42回の観劇。2007年の観劇回数を超えることは一度もなくかったけど、個人的には冷めることのない情熱は消えていませんでした。

とは言え、2013年に新演出になった時に、ちょっとだけ冷めかけたかも知れません。
冷めなかったのは作品の力です。
それほど素晴らしい舞台なのです。
映画も素敵ですけど、劇場で体験する感動に勝るものはありません。

ですが今年は娘が出演すると言うことで、再び情熱が燃え上がりました!
ということで、今年の観劇で今更ながら気づいたことなどまとめておきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
仕事で付き合いのある人で、私のブログを読んでいる人が何人かいます(^_^;)
ブログランキングに協力して頂けているかは分かりませんけど(-_-;)

その中に、ブログ内容に興味を抱いていただけ、「観に行ったことはないけど、ピアノを弾いていた妻も興味を持つかも知れない」と相談してきてくれた方がいました(*^O^*)

記憶は定かではないのですが「妻の誕生日が近い」或いは「結婚記念日が近い」だったかで、二人で楽しみたいようでした。
(誕生日だったかなぁ)

こういう相談って、嬉しくなりませんか?

初めて劇場に行くのなら、演目は何が良いのか・・・・・・・

最初の印象って大切です。
これでミュージカル嫌いになったら私のせい?

無難に四季も考えましたが・・・・・あの不自然な発声での芝居(失礼m(_ _)m)にアレルギーもたれないか?
演目に対する最初の印象で、子供向けっぽいと期待薄になりはしないか?

オペラ座の怪人が東京で上演されていれば、この二十世紀最高のミュージカルの一つにしますけど、やっぱり四季は外しました。
(ウィキッドでもいいかもしれない、と思うのですが、これも今は地方公演かな?)

東宝か四季以外だと、外れる時の危険が大きいので、やはり東宝の舞台から選ぼう、と。

奥様に楽しんでもらうことを考えるとエリザベートが良いのですが、私だってチケットが思うように入手出来ないのに、そんな無茶な選択は無理(>_<)

でもね、このタイミングなら帝国劇場で素晴らしい演目をやっているじゃありませんか\(^_^)/
と言う訳で、シスター・アクトをお薦めしました。

で、6月4日に観に行ったという報告が・・・・・!

ご夫婦共に大満足で、「新しい景色を見たような感覚」ですって。
こういう感想は思いつかなかった。
でも素敵な言葉ですね。
あー、嬉しくなって、ブログに書いちゃった(^_^)v

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
暦の上では春です。でも、いわゆる春を待つ頃、という感じでしょうか。

今月はまだ観劇予定も控えめです。
「ダーティー・ロング・レッグス」と「ラブ・ネバー・ダイ」の2作のみの予定ですから。
でも、春本番になると「大きい方」の復帰作です。久々に帝劇に通っちゃいそう\(^_^)/

少し予習しようかなぁ、という気がないでもないのですが、新作で世界初演ですから、真っ白な気持ちで見るのも悪くないかな?
一抹のファンは「MA」の暗い記憶・・・・・・

でも、ベスは一種のサクセスストーリーだから大丈夫かな、とも思っています(別にMAはマリー・アントワネットが悲劇の王妃だから思わしくなかったわけではないですけど)。

MAは何が悪かったのでしょうね?
物語の内容よりも、観ている時にストーリーが動き出さないもどかしさを感じたのを覚えています。
クンツェ&リーヴァイ作品で、あんなに感情移入出来なかった作品はありません。

3月23日にはスペシャルイベントも開催されるようですが、500名・・・・・・どうせ当たりませんよねぇ(^_^;)

でも4月になったら「今年は春から演技がいい!」と言えている自分を夢見ています。

ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでクリックをお願いします。
今日はとても疲れましたぁ(>_<)
夏休み明けで(私はまだですけど)忙しい・・・・・明日からも思いやられます(-_-;)

とはいえ、来週の月曜日は休みを取っているので、しばらくは辛い月曜日を迎えずに済むと思うと、嬉しいっ!
収入には響くのですが、月曜の休みが大好きになってしまいました・・・・・・

さて、今週は久しぶりに劇場へ行きます。ヒカリエの空中劇場です(本当の名前はシアターオーブね)。
まだ見ぬ「ドリームガール」初体験です(映画も見ていません)。

心境的に上り調子なので(嬉しいニュースがありましたから)、楽しみです。

さぁ!明日も頑張りまっしょい!!!

ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでクリックをお願いします。
先ほどある職場で勤務希望を提出するために観劇予定日を確認していましたが、4~6月は思っていたよりも舞台に行く回数がありますね。

レ・ミゼラブルに行く回数が過去の公演から激減ですが(希望日が取れないと、もっと減るかも)、それでも劇場に行かない月というのは無さそうです。でも、あんまり通ってしまうと肝心の復帰公演の前にお財布が息絶えていても困りますから、ほどほどで行くつもりです。

昨日、ミュージカルに余り行ったことのない知人から「お奨めの舞台」を尋ねられました。
なんでも映画の「レ・ミゼラブル」が、あんまりにも良かったので舞台に興味が湧いてきたとか(^_^)v

あぁ、なのになんで山口さんの舞台がないのでしょう(>_<)

というわけで劇団四季の「オペラ座の怪人」をおお薦めしておきました。
なんといっても汐留での千穐楽が近づきつつありますしネ。
ここでグイッと嵌まって欲しいですが、どうなることやら。

「予習していく」なんて言うものですから、予習しないで行った方がいいと諭しました。
不意打ち的な衝撃って、舞台をものすごく印象深くしますよね。

私にはオペラ座の怪人のオープニングとラストのインパクトは忘れられません。
こういうので舞台が好きになっていくんですよねぇ(^_^)

ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでクリックをお願いします。
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5016位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1061位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ