Category
先ほど、更新した記事を見ていて、書き忘れたことを思い出しました!

テレビアニメに 世界名作劇場 がありましたね。
「母を訪ねて三千里」や「小公女セーラ」「若草物語」「赤毛のアン」等々・・・・・

私は「赤毛のアン」を見るまで読んだことがなかったので衝撃でした。
そもそもの赤毛のアンを見たきっかけも、マンガ家の成田美名子さんがコミックの片隅にストーリーと関係なく書き込んでいたメモを見て、なのですが・・・・・(^_^;)

赤毛のアンに関して言えば、あの映像化は最高でした。その後カナダで実写映画化されていますが、アニメが良すぎてネェ(^_^)
花岡女史の連続テレビ小説を見るまでもなく、赤毛のアンのみならず翻訳済みのモンゴメリー作品群を読んでしまうきっかけでした。

若草物語は、一作目のみならず続若草物語まで映像化したようですが、その頃からはテレビアニメを見なくなり、いつの間にかあのシリーズも終わってしまったようですね。
映像化の是非は昔からありますが、作品の力だけでなく、読書のきっかけにもなる良いシリーズでした。

今の子供達は本を読む機会も少ないみたいだし、ああした名作少年少女文学に触れる機会ってあるのかしら?
活字離れの一因かも知れませんが、それが良いことか悪いことか・・・・・・?

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
「日本が世界に誇るアニソン」とか言われているのを最近知りました。
でも、アニソン(アニメソングのことです・・・・ソニンとは何の関係もない)というと、パッと思いついたのが「キャンディ・キャンディ」や「花の子ルンルン」「魔法少女ララベル」「サンディベル」・・・・・・

どうもスポット当たっているのはガンダムやプリキュラ、ポケモンなどでしょうか?
ガンダムは分かるけど、後は見ていない・・・・

先ほど「パッと思いつくアニメ」で挙げた少女シリーズなどは、今の女性には信じられない内容かもしれませんね。
とか言いながら、キャンディ・キャンディ以外は最後にどうなったのか知らなかったりします。

以前は夕方に繰り返し再放送されていたイメージもあるのですが、そういうアニメが流れる時代でもなくなったようです。
で、ちょっと調べてみたら・・・・・・

なんと「キャンディ・キャンディ」は著作権問題の争いによって全く再放送も書籍の発売も出来ない状態になっているんですね・・・・・・・・・
作品は誰のものかと言えば、ファンのものでしょう。もちろん作者は利益を享受しなければいけませんが、著作権争いでファンが楽しめなくなるというのは・・・・・・
キャンディ・キャンディは世界的にもファンが多かった作品ですから、こういう事態はどうなのでしょう・・・・・

経過を見ると、深刻な問題化させたのは いがらしゆみこ さんの弁護士の当初の方針かなぁ、とは思います。
でも、その後は、両者の行いが更に解決を困難化させていっていて現在に至る・・・・・・

もう一つ、記憶に残るアニメに「はいからさんが通る」がありました。
これも再放送を結構楽しみにしていましたが、「今日は見れないけどいいや」と思ったら、最終回だったという記憶が強くて・・・・・

あの展開からどうやって終わるのかと不思議でたまらなくて、原作を購入しました。
そうしたら、最終回の前までで原作の半ば(゜Д゜)

後年、再度アニメを見る機会があって確認したら、そこからハッピーエンドになるという挿絵とナレーションでした。
どうも視聴率が問題だったようですが、再放送で見る限りではとても面白くて、当時としては斬新な内容でした。
まぁ、初回放送はおそらく家族が一緒に見ていて、ダメだったかもネ(^_^;)

実際のところ、原作は実写で映画になったりテレビドラマ化もされていて、良い作品だと思います。
あ、コミックスは持っているから、連休に読み返してみようかな・・・・・

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
あまり定期的にはドラマは見ないのですが、年明けから異変。
一つは「真田丸」を見始めたこと。
ちゃんとNHK大河ドラマを見るのは「篤姫」以来です。
三谷幸喜さんなので、まぁ面白いだろうな・・・と。

さすが、面白いですね(^_^)v

それと、WOWOWで特集を放送していた(10時間やっていた)のをDVDなんかの操作をしがてら見ていたら、・・・・・面白かった!
BAUというFBIの行動分析課チームがバリバリとシリアルキラーを捕まえていきます。

CSI的に、それだけでは無理なんじゃないかというのが、あっという間に犯人特定、居場所まで特定されてしまいます。
で、新しい被害者を何とか救い出す・・・・・・
それにしても、毎週のようにシリアルキラーが出現し、連続殺人を犯しているという設定は、いいんでしょうかね?

今はシーズン10が放送されています。
長く続くだけあって面白いのですが、そう簡単には解決できないだろうなぁ、とご都合主義的な部分に?な気持ちもでてきます。
犯人のプロファイリングも、あっという間に適確なものが出来ていて、ビックリします。

手口はおぞましいし、恐るべき犯人のですが、BAUが出てくればあっという間に解決できそうで、現実との乖離が凄い(゜Д゜)

と言いつつ、今のところは怖いもの見たさで見てしまう・・・・・・
とか言いながら、あまりに凄まじいシーンは30秒スキップ(これをするために録画で見ているのかも)して、やり過ごしたり・・・・

今日は日曜日なので、真田丸です。
これはスキップなし(^_^;)

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
私が子供の頃はホームドラマばかりが放送されていました。

私の母が「気になる嫁さん」が好きだった流れで「雑居時代」のファンでした。
昨日、ふとしたことでネットで調べていたら「確か女姉妹の中に女の名前で越してきたのが男だった」ような設定?と記憶していたのですが、実はそれは「おひかえあそばせ」という別のドラマでした。

別のドラマと言っても、実は同じ設定を作り直して(作り直して、と言っても主人公は石立鉄男、女姉妹の父は大坂志郎と変わっていない)テーマや結末を明確にしたのが「雑居時代」だったんですね・・・・・・

動画もあ一部アップされていたのを見たら、あの頃が帰ってくるようで、幸せな気持ちに・・・・・・・・

本当に主人公のカップル、石立鉄男さんと大原麗子さんは素敵な役者さんで、既にお二人とも鬼籍に入られているなんて信じられません。

この70年代の石立鉄男さんのドラマシリーズ(水曜の八時)は面白くて、多分「パパと呼ばないで」が有名なのかと思いますが、個人的には「雑居時代」と「気まぐれ天使」が大好きでした。

当時は録画機器なんて持っている人はいなくて(高嶋家にはあったようですが)、再放送があるまで見れないものでした。
だから、何年後かの夕方の再放送も嬉しくてまた見ていましたね・・・・・・

昭和は遠くなってしまいましたネ・・・・なんて年寄りっぽい気持ちに(^_^;)

ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでクリックをお願いします。
ひとりで寂しく伏せって、週末を過ごしていました。

動画なんかを見たり・・・・・・

見ると、元気な人が羨ましくなったり・・・・・・(;_;)

早く元気にならないと・・・・・・なんて考えたり(-_-;)

あんまり元気にならなくても月曜日は出勤です。
また、今週もがんばらなきゃ(>_<)

ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでクリックをお願いします。
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5093位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1073位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ