Category
先ほど知ったのですが、秋に「MURDER BALLAD」という新作ミュージカルが上演されるのですね!

出演は中川晃教さん、平野綾さん、橋本さとしさん、濱田めぐみさん・・・・・・豪華 !(^^)!

実は先行予約があったようなのですが、昨日が締め切りでした(>_<)
気を取り直して発売日に申し込みますか!

でも、失敗したなぁ・・・・・・

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
昨日で終わらせたつもりでしたが、まだ書いておきたいことがありました。

瀬奈さんのゲスト登場場面でさとしさんと歌ったのが「太陽は登る」~ニューヨークに行きたい で、ソロナンバーの「奇跡」は さだまさし さんの曲だそうです。そういう説明あったけど、忘れていました。

あと、昭和歌謡が終わった後、石井カズさんはグロッキー状態で「アイドルって凄いね」という話に。
「武道館でもやりますか?」という話に「やるぞ!」「曲は減らしますか」と岸さんが尋ねると「いーや、増やすぞ!」
岸さんが半ば呆れ顔で「なんで自分でハードル上げるんですか?普通のターンも出来ないのに」と。
岸さんくるりと一回転のターンをして「この一番簡単なターンも、おれはそう言うの出来ない」って言ってたんですよ。

いや、みんな気持ちだけ前へ前へ(^_^;)

ホントに素敵な三人組でした。
さて、とうとう「その6」まで引っ張ってしまいました(^_^;)
今日こそ最後まで進める予定です。

ゲストの瀬奈さんが帰った後、オリジナル曲の「Wonderful Life」を岸さんが、そして石井カズさん作曲のやはりオリジナル曲「No Rain, No More」を歌います。

次がやはりリーダーさとしさんのソロですが「傷だらけのローラ」・・西城秀樹さんのヒット曲です。
ここでさとしさん、当時のすだれのような飾りの付いたキラキラ衣装で登場。まさに秀樹さんのように踊りながらの熱唱!
ただ衣装がぴちぴちでズボンは半分しかはけてないので後ろ姿が・・・・・・(゜Д゜)

あの格好の衣装ではサイズがそれしかなかったそうで、無理矢理身体を入れての熱唱。「腹式呼吸が出来なくてさ」と申しておりました。

ここで「昭和の風」が吹いて、オリジナル団扇を持っている人達はソロ3曲が終わって出てきた三人にあおいで風を送ります。
「この風がMon STARSを武道館に運んでくれます」なんていうことも言っていました(^_^)v

と、昭和の風が吹いたところで「昭和ヒット曲メドレー」!
「昭和は三人娘や御三家、新御三家、たのきんトリオとトリオが流行ったので」ということだそうです(^^;)

歌は私には題名が分からなかったのですが(実は私には新しすぎたの。三人より一世代上ですもの(>_<))、石井さんのブログを先ほど見たら曲名が出ていました。

君だけに~NAI NAI 16~仮面舞踏会

多分、少年隊の曲ですよね(^^;)自信ない・・・・・・・

みんな踊って熱唱ですけど、橋本さとしさんのダンスがキレキレでコミカルで面白かったです。
最後に三人揃ってバク転?・・・・・・・というのはポーズだけでジャンプでした(・∀・)

そして、終盤ということでいよいよ
「Mon STARS のテーマ」
カズさんの作曲で三人で歌います。

客席もここでスタンディング、団扇やタオル、ペンライトでノリノリになりますヘ(^o^)/

で、最後はやっぱりこの曲!
「三銃士のテーマ」!!!

ここでセリフの場面、さとしさんが「あいつはいいよな!デビューが腹黒皇子で。それが今じゃ帝劇の黄泉の帝王だぁ!」
「そんなに恵まれているなんて、裏で相当あくどいことをやっているとしか思えない」とカズさん。
「あいつはバックに『よしよし倶楽部』なんていうのが付いていて、すげぇ力があるらしいですぜ」と岸さん。
「あ、それなら彼に導いてもらおう」「武道館へ連れていてもらおう」

彼、が井上芳雄さんであることは東宝ミュージカルファンなら説明不要\(^_^)/
私も彼が連れて行ってくれるならMon STARS に付いて武道館にも行きますよ♪
客席も盛り上がって、団扇を持っている人は風を送ります。
「この風に乗って武道館に行きましょう!」

アンコールはKISSのI Was Made For Lovin’You
さとしさんがKISSのマスクをかぶって頭振り振り、ギター舐め舐め登場。歌う時はマスクをあげて顔出ししての熱唱。
「オレって出落ちばっかりじゃん」なんて。

二度目のアンコールはレ・ミゼラブルから「Bring Him Home」を三重唱で。

本当に楽しいコンサートでした。
またコンサートして下さい!武道館でも地方でも、付いて行きます\(^_^)/

結局、日をまたいでしまいましたね。
今日は「ライムライト」に行ってきます(^^)/~~~

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
もう「その5」ですね。
そろそろ区切り付けないと(^^;)

ゲスト登場は「三銃士」でのミレディこと瀬奈じゅんさんです。
登場の歌は「ニューヨークに行きたい」からのバラード調のナンバー・・・・・名前忘れちゃった(^_^;)

後半は橋本さとしさんとのデュエットで、曲の終わりと共に二人の顔が近づいて・・・・・というところで岸さんが登場して「もしもし、何やってんですか」とお約束の止めに入ります(*^_^*)

「2011年は『三銃士』と『ニューヨークに行きたい』の連続で共演。恋人同士だったからネェ」とかなんとか・・・・・
カズさんも負けていません。「オレも『シスター・アクト』で恋人同士だったもんね。岸だけ何にもないなぁ」(いじめっ子カズ君です)
「いや、オレも暗殺者として狙っていたから」(エリザベートのエルマー役ですね)
「カズさん、凄い汗ですね、ていうか皆さん、汗凄い」
「そうなんだけど、あさこちゃん(瀬奈じゅんさんの愛称・・本名なんですけどネ)、なんで汗かかないの」
「だって、女優ですもの」
「そう言われると、その通りとしか言いようがないけど・・・・・」
「汗っかきエディて、カズそのままやん。あれはカズ用に作った役?」
「いや、あれはオリジナルでもSWEATY EDYという役名で汗かきの設定」
「背中の汗染みは自然に出来た奴だろ」「いや仕込みだけど、半分くらいはオレのがジワッと・・・・・」
「ちょっとゲストがほったらかし」

なんていう具合に始まります。
あさこさんはこの日はフワッとした衣装。身体も少しふっくらした感じでした。

「あさこさんは三銃士の間、ずっと一緒だったから、俺たちの顔の濃いのに慣れているよね」
「私は慣れているから全然平気です」とあさこさん。
「昨日はたっちん(和音美桜さんの愛称)がゲストだったけど、こうして話していると突然『濃いぃ』とか発作的に叫び出すの」
「あさこさんは三銃士でずっと一緒にいたもんね」
「あの節は、お世話になりましたね」
「ホントにどれだけお世話したか」とあさこさん。
舞台袖で時間があると三人とあさこさんとでおしゃべりしていたそうです。
で、出番が近づくとあさこさんが「そろそろですよ」と教えてあげていたとか。

「あの時もカズの汗が凄くて。冷却剤を貼ってたもんな」
「そう、両手・両足・胴と5つ貼って『さとしさん今日は大丈夫』なんて言ってきて、フェンシング一振りしたら、もう汗だらだら・・・・・」
「あれでもう小細工は諦めて、これでいこうと」(もしかすると、ここで汗かきエディに話が繋がったのかも知れません)

おしゃべりしながら三人は代わる代わる水を飲みに行ったり、汗を拭きに行ったり。
「もう三人とも自由すぎます。返事しようとしているのに水を飲みに行っていたり」とあさこさん不満を漏らします。
「そう?」
「すぐにゲストなのにほったらかしにするし」なんていう風に話している内に「あぁ、濃い!」と発作的にあさこさんが叫びます。
我慢の限界を超えたようです(^_^;)

「カズさんはあの質問『三人のウチで誰が一番好き』ってよく聞いていますよね」とあさこさんからです。
「いや、おれは別にどうでもいいんだけど、岸が聞いてくれって言うから」
「おれはそんなこと頼んでいませんよ」
「頼まれるから仕方なく聞いてみると、かならず『橋本さとしさん』ってリーダーなんですよ。連戦連勝・・・・で、振り向くと後ろで岸が落ち込んでいる・・・・・」
「興味ないんじゃなかったの?」
「そりゃ、どうでもいいと思っていても、連戦連敗なら落ち込むでしょう」

こんな具合に続いていますけど、笑っているうちに「あ、そろそろゲストに歌ってもらわないと」
えーっ、もう終わりなの(゜Д゜)
あっという間の楽しい時間でした(>_<)

瀬奈じゅんさんの「奇跡」という歌でした。瀬奈さんの宝塚退団公演でも歌われたナンバーらしいです。

ああ、やっと終盤に突入出来そうです。

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
さて、Mon STARS のことも大体お分かり頂けたと思うので(って乱暴ですけど(^^;))昨夜の続きを早速始めます。
ネタバレ嫌な人はこの先は読まないで下さいね(^_-)-☆

あ、三人が運命の出会いをしたのが、2011年の帝劇100周年記念のミュージカル「三銃士」。下の写真は、その楽屋での三人と瀬奈じゅんさん(右)に和音美桜さん(左)。
tumblr_nqejvnpLPt1r85nsmo1_500.jpg

懐かしい・・・・\(^_^)/
再演しないかなぁ(・∀・)

リーダーの橋本さとしさん(中央)はここではアトス役でしたが、レ・ミゼラブルではバルジャンを演じていました。
岸さん(左)はポルトス役でしたが、レ・ミゼラブルではアンジョルラスを演じていました。現在の新演出版では今年からジャベールを演じています。
そして石井一孝さん(右)はマリウスでレ・ミゼラブルにデビューして、その後、日本最年少バルジャンを務めました(今は最年少記録は吉原光夫さん)。

さて、プレゼントコーナーの後、「私たちでしか出来ないナンバーを歌います」と言うと、舞台係の人が上手側で布団を敷き出します。
何が始まるの?と思っていると掛け布団をまくると橋本さとしさんはその中に。それで頭から布団をかぶってしまいます。

その枕元に石井カズさんが跪きます。
・・・・・と「バルジャン、ついにまた出会ったな、市長さま、追い続けたぁ♪」
そうです!レ・ミゼラブルの「対決」の場面。
石井バルジャンと岸ジャベールの対決です。

そして「おれはやるぞー」で橋本さんがムックリと布団の中から起き上がります。頭にはなぜかシャワーキャップ?
やおら石井バルジャンとタッチして、今度は橋本バルジャンと岸ジャベールの対決。

最後はダブルバルジャンと岸ジャベールで「誓ってやり遂げる♪」の三重唱!

続いて「One Day More」!!!

石井さんがマリウスで、橋本さんがバルジャン、そして岸さんがなぜか(って他にいないからですけど)コゼットで始まります。

その後は
石井さん:マリウス→→→→・・・・・・・→ティナルディエ→→マリウス
橋本さん:バルジャン→エポニーヌ→バルジャン→マダム・ティナルディエ→バルジャン
岸さん  :コゼット→→→→アンジョルラス→→ジャベール→→・・・・・・・・→アンジョルラス
と、バルジャンの髭や、鉄砲、赤いベストなど付け替えしながら歌いあげます。

面白くて痺れるヘ(^o^)/
楽しい\(^_^)/

もう三人とも凄いです。遊びながらもきっちり歌いあげてきます(^_^)v

感動(*^_^*)

でも、最後に橋本さんが「現役の奴は、あんまりこういうことせんけどな」と思わず口走っていました(^_^;)

うーん、なかなか進みませんネ。
実はこのコンサートのプログラムはこんな具合なのですが、やっとゲストコーナーの手前まで辿り着きました。
IMG_20150706_003335_convert_20150707214823.jpg

いよいよゲストの瀬奈じゅんさん(写真の右端の女性)のご登場!
というところで明日に続きます(まだ、大分かかりそうです・・・・・・・)。

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1080位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ