Archive
さて、「アンダーソン家の秘密」に関する感想です。
私自身はシャーロキアンほどではないにしても、実はシャーロック・ホームズはほとんど読んでいますし、そのパスティーシュも数多く読んでいます。

なので、いろいろと苦言が・・・・・・(^_^;)
ちょっとネタ明かしになりそうなので、これから楽しみにしている方は読まないで下さい。







もともとの物語が謎解きというほどの事件になっていないんです。これが残念。せっかく双子のトリックがあるのに、これがトリックや謎なのさえ気づかせないのです。
なにも原作の雰囲気を生かしてほしいとは思いませんが(ロバート・ダウニーJr.のホームズやベネディクト・カンバーバッチのシャーロックは、原作と雰囲気をガラリと変えて成功しています)、ボンヤリした事件になぜホームズがのめり込むのかの方が謎だったりします。

そして、ワトソン役の一路真輝さんが生かされていません。なぜ、ミステリーにワトソンが必要なのかというと、偉大な凡人の視点が謎を整理してくれるからなのです。
謎が分かった方が、捜索を観るのもハラハラするのです。
でも、謎が何かをハッキリ提示出来ないままにストーリーが進んでいくので、ワトソンの存在が必要なの?という感じ。
推測ですが、脚本の方も、何が謎なのかを分かっていないのでは?というのは舞台女優が殺された後「連続殺人」とレストレード刑事もホームズ達も言いますが、この段階では殺人はこれが初めて判明したもののはず・・・・・・

あんまり見たことがないのですが、韓流ドラマにありがちな美男美女ではしゃがせておけば楽しい、というノリなのでしょうか?

一番、不満だったのが、父親の殺人の証拠なのですが、これくらいで証拠に出来るならとっくに逮捕しておいてあげないと兄弟が可哀想です。無用な罪を犯すことになってしまいました。

ギャグに関しては、橋本さとしさんと竹下宏太郎さんのアドリブ全開の部分が一番面白かったです。本当にあそこから突然面白くなりました(^_^)
原案のギャグは日本人には寒い感じのはしゃぐだけのギャグみたいな感じですから、やはり飛びきりのギャグセンスの方々に自由にしてもらった方が面白いみたいでした。

楽曲は印象に残る曲が少なくて、みなさま苦労している割に、ストレートプレイみたいな感覚です。


こんな感じでいまいちな印象でしたが、カーテンコールの橋本さとしさんが素晴らしくて、全てを挽回するくらいの楽しさでした(それも問題ですが)。
「村井国夫さーん、東京公演二度目のスタオベ(スタンディングオベーションのことです)ありがとうございます」
竹下さんとのアドリブで「エイシャ」といって叩かれるのですが(これが延々と繰り返されるけど爆笑)、「エイシャって、今度の公演で初めてですよね」
「初言いです」
「そういえば、歌が歌いたくなってきた」と竹下さんに歌わせようと「君がいるだけで」を歌い出して・・・・・・
客席は拍手喝采!「拍手すれば何でもやってもらえると思うなよ」と反論されたけど拍手に負けて執事の動きを実演・・・・・
「そんなゆっくり動いているから、大阪のカーテンコールに出遅れるんだね」なんて橋本さんに笑われて・・・・
あわてて、それは秘密だから、と(^_^;)
「こんなカーテンコールが楽しみな方はまたどうぞ」ですって。
楽しい気持ちで劇場を後に出来ました(^_^)v

ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5093位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1073位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ