今日の記事は久しぶりにミュージカルマニアっぽい話題。

ミュージカル「SEMPO」の初演を観た時のことです。2008年のことですね。
これは日本のシンドラーこと杉原千畝氏の物語ですが、感動が迫って涙の堰が決壊しそうになって・・・・・あぁ、素敵な舞台だぁ、と感じ入ってしまいました。

後日、とある専門家(ミュージカルの専門家というか、声楽家というか、その方面のプロの方です)のブログを読んでいたら、「これはミュージカルではない。音楽劇に過ぎない」という批判が書かれていました。

雑誌に書かれる劇評というのは、いわゆる提灯記事ばかりで批判的なものというのは日本では滅多に読めないのが現状です。
ですから、批判的な内容というのはブログ発信か、または新聞に出るピント外れの辛口劇評(なぜか、新聞で辛辣な劇評が載る時はピント外れか、社会主義賛美的なものが多いです。新聞社がアカの巣窟だから?新聞では提灯記事のようなものの方がまともという不思議な事態が多い?)くらいしか読めないのですが、これは自分が感動した作品だけに反発しつつ、意味が分からない・・・・・と気になったりしました。

ミュージカルの和訳が音楽劇じゃないの?メロディが多すぎるという批判も、素敵なメロディがいくらあったっていいじゃない!なんていう具合でした。

音楽がストーリーを語り、ストーリーと音楽が密接に物語を進めていく・・・・・なんて読んでも、どういうこと?なんて取り合わないでいいや、なんて納得いきませんでした。

そんな中で観たのがシアタークリエ開場記念で上演された「レベッカ」でした。

この作品はヒッチコックが映画化しているので知っている方も多いかと思いますが、私自身は映画は未見でした。

それで観に行って本当に衝撃・・・・・!!
オーストリア版の多分コンサートか何かの動画を貼っておきますが、あまり実感は出来ないと思います。

とにかく、これを観ると「音楽がストーリーを語り、物語の展開と密接な関わりを持ち、物語が進んでいく・・・・・」が、はっきりと分かり、「ああ、本当にミュージカルって素晴らしい」と腑に落ちました。

なかなか日本ではミュージカルが創作出来ず、音楽劇になってしまうというのも、言われればその通り、という感じです。

そういう点では、今回の「レディ・ベス」はインパクトが弱いだけに何回か聴いていると見えてくるような部分も多いのですが・・・・・
やっぱりクンツェ&リーヴァイでは「エリザベート」と「レベッカ」がミュージカルとしては強烈だったと思います。

そういう目で観直しても、傑作ミュージカルと呼ばれるものはその点も十分に満たしていて、今更ながら凄さを分かった(当時ですけどネ)という感じでしょうか。
20世紀の二大傑作「レ・ミゼラブル」と「オペラ座の怪人」は、その点からも極限まで突き詰めたような作品でもありました。

ロイド・ウェバーに関しては、駄作と呼んでしまわざるを得ない「ラブ・ネバー・ダイ」も、技術的には満点で、R.ウェバーの天才を感じます。ロイド・ウェバーは音楽もメロディも素敵すぎて、特異な存在という気もしますけど・・・・

レベッカは大好きですが、再演での成績が思わしくなかったのかな?再演の話を耳にしません。
ブロードウェイに進出するに当たって3拍子(リーヴァイさんがオーストリアの方ですから、3拍子が多いんですね。でも英語の歌詞には3拍子は合わせにくいとか)の曲を4拍子に書き換えるとか噂でしたが、どうもビジネス上の問題(英語記事なので分からないのですが、悪質なプロデューサーがらみみたい)でブロードウェイ版は幻になったようです。

でも、あの作品はまた観たいなぁ・・・・・・あの一幕のラストが忘れられません。

ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2370位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
493位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ