マチネとソワレの間は休憩に地下街をブラブラとしていましたが「今日は朝からズッといるから携帯のバッテリーみんな切れているの。だからバッテリーなんか売り切れよ」という会話が耳に・・・・・・

いくらなんでも帝劇地下にいる人がみんな祐楽でマチソワじゃないですよね。これは自意識過剰か、なんて考えながら時間を過ごします。
劇場は5時開場ですから、中の人はもっと大変でしょうね。

マチネは祐楽日らしい熱気がこもっていました。ロビーもにぎやかで、偶然知った顔にも会いました(^^;)
エリザベートカウンターの謎について話したり(友人は井上トートに一票でした・・・・・・えーっ、と私は返事出来ず)、CD申込みしたりで、短い休憩でした。
一方のソワレはなぜかマチネよりも落ち着いた感じでした。

友人がトイレ行列での話題になっていたと教えてくれたのですが「山口アスカムの手が気になってしょうがない。誰か、ポーズ指導してあげて欲しい」と盛り上がっていたとか。
いつもの(ドラえもんの手の)ポーズですが、今回は衣装のせいもあって石丸さんも同じポーズだからと、その場にいたら反論したくなっちゃいそうです(当然、友人は反論せず)。
更に、石丸さんはどうだったろうと話が進んだそうなんですが「石丸さんの手は気にならないから、覚えていない」ですって。
今回は山口さんの手がスタンダードだと思います(^_^;)・・・・・・って何の話題?

マチソワして感じたのは、加藤ロビンが優しくて実直そうで、ベスが惹かれていくのも納得でした。初めて観た時は、無理にはしゃいでいる感がイタイ印象だったのですが、ノリの良さと真面目さの良いバランスの人物になっていました。
ソワレで山崎ロビンを久しぶりに観ると、歌はさすがに上手いのですが、やや二枚目感が序盤は鼻について、ベスが好きになるとは思えない、なんて感じます。第一印象で避けるタイプじゃない?なんて。
山崎さんは狙って演じているようですが、あれでは女心を捉えられないような・・・・・・

そしてベス・・・・・・4月に観た時はエリザベスらしい高貴さなど、花總ベスがいいと感じていたのですが、5月になってからは平野ベスも単なる甘えんぼじゃなくなってきて、むしろドラマチックなベスになりました。
あと、「おんどりゃあ」の場面(と書けば観た人には分かると思いますが)では平野ベスの方が面白いです(^_^)
物語を通しての成長を感じさせてくれるのでドラマチックです。今は平野ベス推しです。

未来メアリーは初めてでしたが、強烈な感情表現とパワフルな歌に圧倒されました。感動です。
でも、物語が進んでいくと、そこまでベスを憎んでいて良いの?と疑問も。
吉澤メアリーは「いや、そこまでベスを憎んではいないのに」という感情表現がほの見えて、和解シーンでの「憎み合うように仕向けられた」のフレーズに効いてきます。
あそこまで女傑なメアリーならさっさと処刑しちゃいそうなのですが、もっと感情の裏に秘めた心情があるのでしょうか?と疑問です。
私の方が初めてなメアリーなので、深読みしすぎ?

アスカム先生は、マチネではややお疲れ?と心配しましたが、ソワレでは好調そうでした。
少しマチネではセーブしたのでしょうか?
本当に山口さんのアスカム先生は人間離れした立ち位置で、物語を見守る人としていい表現でした。
石丸アスカムは人間くさくて、自分の夢を実現させるためのベス、というやや利己的とも感じかねない距離感で・・・・・

「エリザベート」「モーツァルト!」「レベッカ」という傑作からすると物足りない感じはあるのですが、4月の初めて観た時からこんなに好ましい舞台に変化するとは期待していませんでした。
再演はあるかどうか分かりませんが、好きな舞台になりました。

ウィーン・ミュージカルで最初に観るのがこれでいいかは分かりませんが、舞台の成長や、舞台が生き物で生ものなんだというのを改めて感じさせてくれる公演でした。

カーテンコールの動画を見たら、石丸さんや花總さんが「まだまだ舞台は深化し続けています。余力があれば、まだ大阪・博多・名古屋とありますので、深化を是非観に来て下さい」とおっしゃっていましたが、・・・・・・・うーん、考え中です。

まさか遠征を検討する作品になるとは思いもよりませんでした。

ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
こんばんは。
ご挨拶もしないまま、いつもこっそり読ませていただいているSです<m(__)m>

おんどりゃあの場面楽しいですね。
ホントにこの舞台、進化、深化しましたね。
私の観劇は、あの空間にいるだけで楽しいというようなものなので、
いつもDantessさんの理路整然とした感想を読ませていただいて、へぇ~と思うことばかりです(^_^;)

これからもまたお邪魔させてくださいね。
Re: こんばんは。
こちらこそいつもご訪問ありがとうございます。
私は別に論理的になんか観ていませんよ(^^;)

世界史とか全然勉強しなかったので、面白かったら調べたしているだけですから。
あとミーハー(死語?)なだけです。

私の方もブログにまたお邪魔させて頂きますm(_ _)m
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5204位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1124位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ