今月最初の観劇に行ってきました。
20140702キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン_convert_20140702222152

実は映画は未見です。
とても楽しい舞台でした。
一緒に行った友人とは意見が違いますが、FBI捜査官は今井さんになって良かったなぁ、という感想です。

ちょっとどうかするとただの抜けていて、主人公に迫り来る嫌な相手になってしまうところを、キーヨのなんというか懐深さとでもいうのでしょうか、それが作品を良い雰囲気に染め上げてくれています。

カール・ハンラティ捜査官の見せ場のソロはとても苦労されているようで、終わった後の芝居がきついみたいです。
キーヨはレ・ミゼが終わってから存在感だけの役が多かったので、こういう役のを観ることが出来て嬉しかったりします。

カーテンコールで松岡充フランクがおっしゃっていたように、負担の少ない役は新妻聖子さんのブレンダ・ストロングですか(^^;)
「えっ」と新妻さんも反応していましたが、出番は二幕だけ。でも、素晴らしいソロを聴かせてくれて、クライマックスへ向けての感情を一気に高めてくれるナンバーです。

一気に舞台の雰囲気が変わります。

とはいえ、実話を素にしているので、凄い良く出来たお話しにはなっていません。
その点はリアル、といいましょうか。人生の複雑な不思議を感じさせてくれます。

・・・・・・・ん-、この「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」と「シスター・アクト」の素晴らしい作品を押しのけて2011年のトニー賞を受賞した「ブック・オブ・モルモン」・・・・・・・・やっぱり観たくなります。

四季でチャレンジしてくれないかな-

ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6481位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1422位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ