一日開いてしまいました・・・・・スミマセンm(_ _)m

今日は総選挙ですね。これから投票に行ってきます。
その前に・・・・・・

実は前々回の公演の時に幕間に、座席でそれとなく後ろの席の人達の話を聞いていたら
「モーツァルトの周りをちょろちょろと付いて回っている子供がいるじゃない。あれって何なの?」
と言うのを耳にして笑っちゃいました。
今年、初めてモーツァルト!を観た友人にその話をしたら、「時々思い出すと可笑しくて」と大受けしています。

それが、12月11日の公演の帰りに有楽町駅に向かう途中、やはり知らない集団が感想を話しているのですが
「子役がいるじゃない。ほとんどセリフがないのに、いつも舞台にいて。あんなに必要?」
と話しているじゃありませんか!

え、みんな大丈夫?
子役のアマデは、モーツァルト=ウォルフガングの音楽の才能を具現化したもの。何をしていても音楽を追究する才能の象徴です。だからウォルフにしか見えないし、一心同体と言うよりも、彼自身でもある存在です。

モーツァルトの素晴らしさは、人間としての彼とは別に才能が音楽の高みを求め続けていて、人間的幸せと別の道を歩ませてしまったり、その才能の選択に反した道を選んでしまったり、そういう姿で天才の狂気や悲劇を表しているところだと思います。

子供が無意味にちょろちょろしているわけではないのですが・・・・・・・(^_^;)

いや、みんな冗談で言っているのを、私が真面目に受け止めちゃっているだけなのかしら?
でも、件の友人にこの話を伝えたら、また受けちゃった(^^;)

まだ続きます。その前に投票に!

ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6008位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1333位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ