一日空いてしまいました・・・・・・(^_^;)
昨日は疲れもあって、寝落ちしてしまいまして・・・・・・m(_ _)m

と思ったら、もう1月7日で松も取れてしまいました。
フリーズドライの七草粥セットを購入したので、久々に朝食に七草粥を食べましたが、いつ以来でしょう?
便利になりましたね・・・・・・お正月の不足した野菜やビタミン補給といった本来の意味には微妙なものですけどネ。

さて、一昨日の続き「オペラ座の怪人」

ミュージカルではオペラ座に棲みついた謎の怪人が、自分の愛する才能溢れるクリスティーナをオペラのヒロインに抜擢しようと画策し、更には彼女の心まで手に入れようとするお話しでした(いや、相当内容をはしょっています)。

それに対してゲームは、オペラ座の誰かがオペラのヒロイン、カルロッタを恐怖で劇場から追い出そうと、怪人騒ぎを起こしているという設定です。
ですから「怪人騒ぎを起こしている誰か」と「怪人を探り出そうとしている捜査陣」との勝負といった体です。

或いは誰かが怪人と共謀してヒロインのカルロッタを追い出そうとしているので、それを探そうとする捜査陣でもいいかも。
20150103駒配置_convert_20150103120741

上の写真は一昨日のボードに各駒を配置したところです。
オペラ座の各部屋に、疑惑の人物が居るところ、とでも言いましょうか・・・・・・
一番下の列にいるのがカルロッタです。

各ターンごとに疑惑の人数を判定して、疑惑の人数分だけカルロッタの恐怖が増していき、オペラ座の出口に恐怖の数(残された疑惑の人数分)だけ近づいて行ってしまいます。
カルロッタが出て行ってしまえば、怪人の勝ち。出て行く前に犯人を特定出来れば、捜査側の勝ちになります。

駒はクリスティーヌやラウル、マダム・ジリーやメグ・ジリーなどお馴染みの面々。中には誰だか良く分からないペルシャ人もいますが、これはガストン・ルルーの原作に出てくるのでしょうか?

もうちょっとだけ、この話題が続きます。

ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5987位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1307位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ