上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅ればせながら、今頃見ました。
確か、「アナと雪の女王」と同じ頃に上映されていましたよね。

雑誌に載っていた宣伝のコピーを見て凄く惹かれたのですが、アナ雪の話題にかすんでしまった感がありました。

でも、ずっと見たいと思っていて、昨夜、とうとうレンタルで見ることに・・・・・・

素晴らしい作品です。作者の心の中に、必要とされて必然的に生まれた存在・・・・・それがメリー・ポピンズでした!
映画の原題は「Saving Mr.BANKS」なのですが、この原題こそが作者の欲しかった夢。

若い頃に読んで、それまで知っていた登場人物とは全然違うメアリー・ポピンズ(本ではメアリーと訳されているので)を不思議に思いつつ、その魅力に引き込まれました。
それはこの複雑な、だけどリアリティに基づく欲求に応える存在だったからなのか、と初めて理解の端緒に立てたような気持ちに、すごく心を動かされました。

また読み返したいです。
彼女は永遠の命を与えられたのですね。

ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
728位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。