行ってきました\(^_^)/
20150225クリエミュージカルコレクションポスター_convert_20150225174649

本当に幸せ~(^_^)

今日はオープニングトーク「私のコレクション」が吉野圭吾さんでした\(^_^)/

幕が開くと、背を向けたソファーに腰掛けて・・・・・
「私のコレクションはレベッカから『持ちつ持たれつ』
スミマセン、椅子の背を蹴らないでくれます?」
(意味わからないかも知れませんが、劇場では後ろの人に座席の背を蹴られると何事かと驚かされます)
といって吉野さん、客席を向きます。
「今日は私がオープニングを申し渡されましたが、緊張しっぱなしで昨日から本編どころじゃありません」と言いつつ、「話しにくいですね」とか言って両足をソファーに上げてしまって変なカッコ(^_^;)
収まり悪くて、何度か姿勢を変えたりなんかして・・・・・・・(^^;)

「なんで客席に背を向けてるかというと、観客席と同じ目線から、という意味なんです。
本当は『後ろ蹴らないでくれます』から始めたいところですけど、演出家が駄目だと言うんです」
この話の間も舞台上のミニオケの演奏は続いていますが、これに対してもチラリと目をやって「話すにはうるさいですね」なんて(^_^;)

で、話に戻ります。「レベッカは2008年にシアタークリエで3ヵ月のロングラン公演。楽屋が一緒だった禅さんとは3ヶ月間愛をはぐくみ…」というところで語尾を濁します。

チラリと舞台袖を見て「早くしろと騒いでいるようですが」と、そんな様子にはをスルーして話が続いちゃいます。

「『レベッカ』という作品は、得体の知れないレベッカという女性が死んだのを、事故死だったのか殺人だったのか、事件だったのか自殺だったのか、ああだこうだ進んでいくミュージカルです」と身も蓋もない紹介(^^;)…寅さんじゃありませんけど「それを言っちゃおしまいヨ」なんて山田さんの呟きが聞こえてきそう。

「その中の『持ちつ持たれつ』というナンバーは、私が演じたジャックが『マキシム(山口祐一郎さんの役)がレベッカを殺した証拠を俺は握っている、黙っていてほしければ金寄越せ』という内容の歌です。でも、当のマキシムはその場にいなくて、禅さんと大塚ちひろさんに取引を申し入れている場面です」

「禅さんがグラスにスコッチを注いでくれるんですが、緊張のせいで手が震えて中の氷がカチカチなります。注いでもらうときも、グラスとビンがカチャカチャ鳴ってしまいます。私はそんなチッポケな人間なんです」
どこが!という話っぷりですけど(゜Д゜)

「そのスコッチを飲むときに気管に入ってむせそうになったことがあります。だけど我慢して、曲のきっかけになるセリフを言ってしまって…そうなると曲がはじまって、歌わなきゃならない。
ウェ…♪オェ…♪クァ…♪」と苦しそうに歌う様子を再現。・・・・・・・もう爆笑です\(^_^)/

と言ってからまた舞台袖を見て「これ以上続けるとパパ(山口祐一郎さんのこと)に叱られるので、この辺で」
で、やっと開幕!

楽しい楽しい時間はあっという間でしたが、続きは明日(^^)/~~~

ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6008位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1333位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ