なんだか昨日の疲れが取れず、グッタリしています。

昔のエリザベートのCDを聴き直したりしています・・・・・・

さて、ここから先はネタバレありますので、これから観劇を楽しみにしている人は読まないで下さいネ。


フランツ・ヨーゼフ皇帝が歌は上手いんですが、共感出来ないキャラで、シシィにより感情移入しやすかった話は前に書きました。

では、その息子、ルドルフです。
これが、こんなにもナイーブで神経質な皇太子は初めてです。
これではトート閣下の仕掛けに流されていってしまって、死のキッスで一発だなぁ、などと思いながら(^_^;)
シシィに泣きつきますけど、こんな不甲斐ない子供に母の苦しみと勝ち得たモノが分かるかっ!という気持ちになります。
情けなくて、自分で考えて努力しているの?と、あそこでは助けないなぁ、なんて。

結果、マイヤーリンク事件なのですが・・・・・・
あれでは閣下が以前のように駆けよって襲いかかるみたいに捕まえるまでもないです。

いや、実際に京本大我さんは演技派ですねぇ。繊細なお坊ちゃま感が良かったです。新しいルドルフ像でした。大野さんが今回どんな風に演じているか観てみたかったですぅ。

それからゾフィー、剣幸さん(先日ヅカファンと話すまで読み間違えていました。ツルギユキと言っていたら、ツルガミユキさんねんですね)。前回からの居残り組。
でも、やっぱり音程が苦しそう。
メイド達の振り付けも変わりましたが、前の方が面白かったというか、今回がうるさすぎるような振り付けです。
これも、見慣れると前より面白い感覚になっていくのかな?

で、ゾフィーは変わってきています。ノックするコミカルなお怒りが、ノックしなくなっています。
それと、お亡くなりあそばす場面。
前回は不覚にも(?)涙しそうになりましたが、そんな情緒感が薄れた?
それに杖もトートダンサーが持って行ってしまうので、コロンと転げ落ちる、落日の帝国を象徴する感じがないんですねぇ・・・・・
まぁ、もともとウィーン版にはない場面ですから、思い入れが作る側にないのかも・・・・・

一応、明日でこの項、終わります。

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5397位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1163位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ