「ラ・マンチャの男」は残念と感じた部分もありますが、やはり傑作です。

フィナーレのナンバー「見果てぬ夢」・・・・・・・

夢は稔り難く
敵はあまたなりとも
胸に悲しみを秘めて
我は勇みて行かん

道は極め難く
腕は疲れ果つとも
遠き星を目指して
我は歩み続けん

これこそ我が宿命
汚れ果てしこの世から
正しきを救うために
如何に望み薄く 遙かなりとも
やがていつの日か光満ちて
永遠の眠りに就くその時まで

たとえ傷つくとも
力ふり絞りて
我は歩み続けん
あの星の許へ

(訳/森 岩雄・高田蓉子、訳詞/福井 峻)

騎士の幻想の歌でありつつ、人生の詩でもあり、舞台で進行するドン・キホーテとセルバンデスの物語を通して、人生の深淵に訴えてきます。

製作発表での歌唱の動画がありました。


舞台の最後で歌われると、心の奥底に響きます。

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4241位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
920位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ