今日も雨・・・・・・春の足踏みでしょうか。

昨日は更新休んでしまいましたm(_ _)m
ジキル&ハイドの感想の続きです。

国際フォーラムは音響悪いと言われているらしいのですが、悪く感じなかったのは・・・・・・・私の耳が悪いのか、それとも最新音響装置の効果に寄るのか、分かりません(-_-;)
皆さんの歌声が凄く良く響いてきて、私は感動しました。

さてここから先はネタバレになりますので、これから観劇予定の人や、粗筋など知りたくない人は読まないで下さいネ。
ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
開幕しての「闇の中」は印象的で覚えていたのですが、その後にロンドンの通りになって「嘘の仮面」が歌われていたのは、すっかり忘れていた展開。

で、病院での理事会。
鹿賀版ではこの場面であまりに「基地外」(あ、わざと別の字を当てています)が連呼されるのに卒倒しそうになりましたが、石丸版ではぐっと減らされています。

鹿賀版でのストライドのあまりの憎たらしい議事進行に怒ったものですが、畠中ストライドはむしろ嫌味っぽいからスネ夫に感じちゃうのかなぁ?

でも、みんな歌ウマでこの後の展開も聴いているだけなら気持ちいい・・・・・・

婚約披露の後、ルーシーと出会う訳ですが、いろんな意味で運命の出会い。
ジキルは自宅へ帰ると名曲「時は来た」の熱唱!

前回は、綺麗だけどやや思い入れが軽いような感じでアレでしたが、今回は初日から思い入れタップリの熱唱。
素晴らしい歌唱に本当の感動。
でも、これが悲劇の始まりなんですから、もう・・・・(/_;)

で、実験記録中にジキル氏、ややおどけたようにして「異常なし」と記録する場面ありますが、あれ・・・・・
ライムライトの痛い場面の記憶が過ぎったりして・・・・・(^^;)

そしてハイドの登場!
前回はいかに違う声を作るかに重きを置いていた感じですが、今回はそれ以上に人物や感情表現に力を入れている感じで、だからこそ観る側を引き込んでいきます。

自由なハイドの歌に爽快感や躍動感さえ感じてしまいます。
物語が一気に動き出したようで、引き込まれていきますが、それとともにジキルの苦悩も訴え迫ってきます。
ちょっとだけセリフの間違い?という部分がありましたが、それは明日に続きます。

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6216位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1322位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ