「英語で読む赤毛のアン」を買いました!
IMG_20160516_210856_convert_20160517204029.jpg

物語の舞台になったプリンスエドワードの写真や地図がふんだんに載せられていて、楽しい !(^^)!

初めて知ったのは、この「赤毛のアン」は児童書として書かれたのではなく、成人向けに書かれているということ。
なので、英文自体も難しいそうで、解説の松本侑子さんによると「英検1級レベル」とか・・・・・
原書では歯が立たないでしょうが、このテキストでは比較的優しい部分を抜粋してくれています。

赤毛のアンを初めて読んだのは一人暮らしを始めた頃で、人を思いやることで少女のみならず、初老に差し掛かった独身の兄妹も人間的に成熟していく・・・・・
そこが単なる児童書とは違う感動を誘います。
あの頃の感動が蘇ります。

あの頃、いつかは行ってみようと決心していたのを思い出しました。
やっぱり行ってみようかなぁ・・・・・・

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
いいですね
この本、気になります!
写真が載っているなんて、素晴らしいですね。
原作が外国語の本って、その言語じゃなきゃ伝わらないニュアンスで表現されていたりするので、解説付きで読めるのは良いですね。しかも、CD付きとは…盛り沢山ですね。
プリンスエドワード島、私も行ったことはありませんが、綺麗でかなり治安も良いらしいですね!心を癒す旅行にはもってこいかもしれません。
Re: いいですね
本当に写真を眺めているだけで、いろいろなことが空想できて楽しいです。
英語は・・・・・私の力では「へぇ、こういう言い方!」と言うぐらいで、日本語の味わいに感心したりする部分が大きかったり。

松本侑子さんの訳の上手さというか、愛情深い解釈に、日本語って素晴らしいと思ってしまうくらい。

英語は難しいです。

でも、いつか行かなきゃ!
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5957位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1267位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ