今日の東京は雨です。
月曜日の雨は出鼻を挫かれて、気力・体力が9割り方削られてしまいます・・・・・というのはある方のネタのパクリ(^_^)v

今月はトニー賞が発表されますが、「ハミルトン」が最有力候補、というか賞を総ナメするのではないかと言われているそうです。
どうやら独立戦争の英雄らしくて、日本人にはピンと来にくい物語かも。

トニー賞というのはUSAでやっている訳なので、どうしても他国の人に受けるものを選ぶことにはなりません。
シスター・アクトがノミネートされた年の受賞は確かモルモン教のお話だったかな?

と言う訳で、作品賞ノミネート止まりなのが不思議なくらいの傑作ミュージカルの感想を。

ここから先はネタバレになるので、これから初めての観劇を楽しみにしている人や、あるいは映画を見ようと思っている人は読まないで下さいネ。

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
一幕の山場は、もちろん動画にも貼っておいた「Raise Your Voice」なのですが、宮澤エマ(シスター・メアリー・ロバート)さん上手くなりましたぁ(゜Д゜)
いや、もともと上手かったのですが、以前よりも表現がドラマチックになったというか、良かったです。

でも、物語のヤマはむしろ二幕。

バタバタと面白可笑しくコメディは進んで行くのですが、法皇の前で歌う前の夜、不安でたまらないシスター達がデロリスの元に行く辺りから涙腺を刺激されちゃって。

ただ、一人、孤独で友人もなくマフィアのボスから身を隠すためにやって来ただけなのに、受け容れられ、お互いに役に立ちたいと思える存在になっていた・・・・・

そして、そうなるためにデロリスの努力もあったことに、修道院長は気づきます。
彼女は聖書を暗唱しているらしいことに訝しんだ院長は、彼女の枕の下にバイブルを見つけるのです。

ここの演出を前公演では、もっとあからさまなくらいにしていいのに、と感じていたのですが、今回は露骨でないのに分かりやすく変わっていました。

ここで既に感動しているので、シスター・メアリー・ロバートとデロリスの友情の場面でさえうるうるしてしまい・・・・・

というところで明日に続きます。
明日は最終回の予定。

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5005位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1099位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ