これって映画化されたのですか?
ドイツはナチスの表現に関しては法律で制限しているから、制約がきつそうで。

久しぶりに面白い小説でした。
設定はベルリン地下壕で自殺したはずのヒトラーが2011年のベルリンで蘇えってしまい、あっという間にドイツの人気者、そして問題人物になっていく・・・・・・

最初はヒトラーのそっくりさんとして番組製作会社に採用されるのですが、本人は全く真面目に現在のドイツに対する憂いと批判をまくし立てます。
それが振り切れすぎていて、或る意味で深い心理を突いてしまったりして、簡単な笑いではなく、視聴者の深い心に突き刺さりまくります。

普通だと人気が出たりすると、迎合的になったり、良識的立ち位置を守ってしまうのに、総統閣下は人気だの立ち位置などには目もくれません。全ての責任は自分にあると、傲然と言い放ちます。まったくぶれません。

視聴者はヒトラーを演じている者としての一貫した芸の上での発言なのか、ヒトラー礼賛者の発言なのか分からなくなり、今の価値観での批判が空虚になっていく・・・・・・

冷徹な独裁者の独善的な計算や、鋭くも利己的な人物批評など、恐ろしい部分が多いのに、実際に人々が彼に魅了されていってしまう・・・・・・
振り返ってみると、現代のネット、SNSやYOUTUBEも、扇動家にはむしろ好都合な時代なのかも知れません。
真実が何であるか、を見抜くのが大変な時代なんだなぁ、とちょっと怖くなりました。

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
こんにちは!ヒトラーって残酷で冷血で・・・イメージがそんなんばっかりですけど。どんな人だったんだろう(・・?実際会ってみたい人です💦
Re: タイトルなし
魅力的かどうかよりも、道徳的倫理観で否定しなきゃいけなくなっている、という気がします(ドイツでは法律的にも制限されているそうです)。
ユダヤ人に対するホロコーストは弁護の余地ないのですが、ドイツ人があれほど支持したのですから・・・・・
実際に会ってみると、残忍や冷酷とは違う印象の方だったのではないか、と。
戦争が始まらなければ、ノーベル平和賞候補でもあったとも言いますから・・・・・
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4313位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
959位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ