夏休みじゃありませんけれど(とっくに終わっていたから)、随分とサボってしまいました。

さて、もしも突如として17才に若返ったら、どうしますか?
1988年にケン・グリムウッドが発表した小説「リプレイ」は、そんなお話です。

43才のジャーナリストが1988年に突然死をしますが、目が覚めると1963年のまだ17才の朝だった・・・・・・
知識や記憶は43歳の時のまま。でも、肉体は17才!

競馬や野球の結果、それにどんな企業が急成長を遂げるのかも知っています。
その知識を使って主人公は大儲けをします。
でも、元の人生で結婚した女性には振られてしまい・・・・・

それでも再び43才になると前回と同じように死を迎え、また17才で目覚めます。
今度は真面目に大学を卒業し・・・・・・

これ以上はネタバレになるので控えますが、確かにもう一回大学の卒業試験や、資格試験を受け直すと思うと吐き気・・・・
賭けや投資で安易に儲ける方がいいですね。
でも、その人生が25年と限られたもので、新しいことをやり遂げたつもりでも目覚めたら消え失せているというのは、とんでもない喪失感でしょう。

生きる意味や、人との出会いなど、考え直させてくれる物語でした。

作者のグリムウッド氏は、残念ながら2003年に54才で亡くなっています。
彼が多くのものを残せた達成感を抱けていたことを願います。

さて、今日も仕事です!

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
こんにちは!そうなったら私は絶対株で儲けたいです・・・( ̄▽ ̄;)もう一度試験を受けるのは嫌です💦
Re: タイトルなし
> ともちんさん、まったく同感です。
実は主人公以外にもリプレイをしている女性が現れるのですが、彼女は高校生に戻っちゃいます。
高校生ではギャンブルも投資も出来ず・・・・・高校生では試験も受けなきゃいけないし、大変!その女性、三度目のリプレイでは努力して医者にまでなるのに(アメリカで医者になるのは日本よりも遥かに大変)、やはり死んでしまうと元の高校生。これには泣き叫びたいくらいの失望を味わったと語っていました。
授業受けて中間試験や期末試験、抜き打ちテスト・・・・・あんな生活は耐えられない。戻すにしても大学卒業してからにして欲しい、なんちゃって。要らぬ心配です(^_^;)
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1354位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ