さて、2月10日ソワレのキャスト。

ロミオ・・・・・・・・・・・・・大野拓朗
ジュリエット・・・・・・・・生田絵梨花
が主役二人の組み合わせ。これは意識して行ったのですが・・・・・

キャピレット郷・・・・・・岡幸二郎
キャピレット夫人・・・・香寿たつき
乳母・・・・・・・・・・・・・・・シルビア
ロレンス神父・・・・・・・坂元健児
モンタギュー郷・・・・・阿部 裕
モンタギュー夫人・・秋園美緒
パリス・・・・・・・・・・・・・川久保拓司
ヴェローナ大公・・・・岸 祐二

幕が上がったら大好きな方々が続々と登場されて、嬉しい驚き・・・・・・・どんだけ情報見ずに来たんだか(^_^;)
というよりか、私自身がアイドルの応援みたいなスタンスになっていたのかなぁ、と反省したりして。

ベンヴォーリオ・・・・・・馬場 徹
マーキューシオ・・・・・・小野賢章
ティボルト・・・・・・・・・・・渡辺大輔

死・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮尾俊太郎

ロミオ世代の役者さん達が殆ど分からなくて、私自身も世代交代を感じさせられています。

本当は大野ロミオよりも古川ロミオが観たかったのですが(古川雄大さんの最近の人気と存在感は、気に入っていたりします)、それを知ったのも数日前・・・・・・どれだけ生田さん目的の観劇だったんでしょう(・o・)

実は2011年(だっけ?)のエリザベートでは皇太子ルドルフ役を、同じく古川雄大さんと大野拓朗さんのWキャストで演じていました。
二人とも悪戦苦闘していましたが、大野さんは相当上手くなくて(あ、個人の意見です)、休憩時間にトイレの行列で「しっかり練習しないと清史郎君(ちびルドルフを演じていた)に抜かれるんじゃない」「もう、抜かれているわよ」なんていうようなおしゃべりが聞こえてきたりしました。

それ以来の大野さんだったので、期待しないでいましたが・・・・・

男っぽくて格好よくなってる!
歌は、音程が甘いのかメロディーが分からなくなるのですが、歌いきっているというか、伝わるんです。
優しさと甘さを持ち、内面的に苦悩する様子が伝わる。

実は昨夜、WOWOW放送で井上芳雄さんと島田歌穂さんの対談を聞いていて
「あえて歌わないで欲しいっていう時があるの」「外国の演出の方がよく言いますね。伝えることが第一で、こんなに歌えるというのはいらない、と」
「ミュージカルはお芝居なんですよ」

下手、というのを気にさせられる段階だと、伝わらないんですけど、上手くなくても歌いきって振り切っていると、伝わってくるんです・・・・・・分かりにくいかも知れませんけど、上手いだけでも下手でも伝わらない。

そういう意味で、大野さんも素敵に歳を重ねたのだなぁ、なんて思いました。

そんなことを考えながら観ているうちに、いよいよ娘の登場場面に!!
というところで続きは明日。

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6481位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1422位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ