上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あっという間に2回目の観劇当日になってしまいました。
と言うわけで、慌てて初日感想を終えておこうかな、と。

以下はネタバレになりますので、これから観劇予定の人は読まないで下さいネ。

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。


続きはポチって読んで下さい↓
吉原ジャベールだと、ついジャベ応援したくなったりして・・・・・初日には相応しくない視点だったり(^_^;)

知念ファンティーヌの工場では、生田女工が森公美子女工の隣りにいますが、お母さんいじめられていても我関せずという感じ・・・

知念ファンティーヌも苦手な方でしたが、鼻に響くような歌い方が消えて歌い方がキレイになっていました。
これなら苦手じゃなくなるかも。

というか、別れの場面では涙に舞台が霞んでしまいました(/_;)

今回はファンティーヌご臨終のあとの対決ではジャベールが新兵器のチェーンを持ち出して、吉原光夫さんの体格と合わせると、どう考えてもジャベールの勝ちっぽかった・・・・・
もちろんバルジャンが勝たないと、ストーリーが進まないから、ジャベール負けますが。

昆エポニーヌは安定の上手さです。
それだけにあの変な身代わりへの演出の変更が残念です・・・・・
この話は、またいつか書きます。

プレビューを観に行った人からは生田コゼットの線が細いという感想を聞いていましたが、よく声は出ていました。
コゼットのソロが、難しい高音が続く部分、見事に歌いきっていて、私の知るコゼットでは一二を争う出来でした。
新演出になって昔のバカっぽいコゼットでなくなりましたが、その中でも生田コゼットはしっかり者の印象。

特に結婚式で大抵のコゼットが「指輪がない」というマリウスのおふざけに「ビックリ!大変、どうしましょう」という感じでこたえるのが、生田コゼットは「あなた、どうするつもりなの?それでいいと思っているの?あなたの責任なのよ」と詰め寄る感じで・・・・・あれではこの先マリウスは尻にしかれまくる予感・・・・・・

そしてエピローグへ。
やっぱり涙なしには見れない場面です。
ただ・・・・・・
フィナーレで司教様が出てくるのは・・・・・・ああいう場面が欲しくなるのは理解出来ますが、列に入っても序列があるみたいで、最終的にはいない方がスッキリしたのになぁ、とチョット感じたりしました。

さぁ、今日は2回目の「レ・ミゼラブル」

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
728位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。