一日空いてしまいました。
今更珍しくもない、と思われるかも知れませんが・・・・・(^_^;)

さて2014年公演の時と比べると、全体的に分かりやすくなったような気がします。
幕開けのヘンリー八世時代からのイングランド史。

初演ではアスカム先生が歌って説明するだけでしたが、今回はそれぞれの役の人が出て来て、歌に合わせて歴史劇を演じてくれます。
アンと首切り役人の組み合わせも、こうして実際の場面を演じたことで、後がすんなり受け容れやすいかも知れません。

アスカム先生が髭なしで登場するのを期待していましたが、それは無理でしたね(なんでポスターやチラシは髭なしにしたのかしら?)。

物語が始まっての旅芸人。今回は華麗にジャグリングを見せてくれるかも、と思いましたが、それも変わらず。
あの輪っか持ってて、ジャグリングしないで見せると言う方が技術的には高度かも知れませんけれども。

さて、ここからいよいよ本題に入りますが、ちょっと時間がないので多分明後日の更新になります。
勿体ぶっているみたいでスミマセンm(_ _)m

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4313位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
959位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ