FC2ブログ
東京地方では、昨日は久しぶりの良い天気でしたが、今日から台風です。
気がつけば来週からは10月、神無月です。

ということで、マイ・フェア・レディの続き。
ここからはネタバレを含みますので、これから観劇や映画を楽しみにしている人は読まないで下さいネ。

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでポチりをお願いします。

続きは下記をポチり↓
イライザは、朝夏まなとさん初見でしたが、手足が長いのにビックリ(°0°)
それから威勢の良い、あたかも江戸っ子のチャキチャキ娘という感じ。
こういう感じでないと、と思いました。
神田沙也加イライザのはそういう意味で映画版に近いのかも知れません。
G2版はコックニーと江戸言葉の近縁に着目した翻訳の面白さリボーンなので、個人的には朝夏まなとイライザがしっくりきます。

寺脇ヒギンズ教授は嫌みな自己中、自惚れ・マザコンなのですが(別所ヒギンズは変人ぽかったし、空気読めない感も強かった)、その分、イライザとは正面からぶつかり合う印象でした。
それに、嫌みっぽいところからの台詞が上手くハマって、おかしくっておかしくって・・・・・そこら中で爆笑が繰り返し。

そういう二人なので、そういう苦闘の中でやり遂げた「日向にひなげし、ひばりひらり」(映画版だと「スペインの広野に雨」)は歓喜爆発です!

競馬場のシーンも前回までと違っていて、イライザが「死んだ叔母は、やられちまったに違いない」とボロ出まくりなので、早々に退散しようとするところに馬券がフレディから渡されて・・・・・
ヒギンズとヒギンズ母、それにピッカリング大佐とが「まずい、まずい」と見守る中、案の定イライザがやらかす・・・・
記憶では、今まではヒギンズはこの場面では平然と笑っていたような・・・・・?映画版に近かった記憶ですが?

朝夏イライザは背が高いです。寺脇さんで丁度同じくらい?(なので低く見えてしまう)
そういう意味で背に関して釣り合うのはフレディこと平方さんですね。

別所ヒギンズは変人で神田イライザはお嬢様なので、仲良くなっても大人同士の距離感のある仲良し、という感じなのですが、寺脇ヒギンズと朝夏イライザでは、同じ釜の飯食った同士(思いっきり日本人的表現ですけど)という繋がりが見えるんですよね。

一幕の最後、生まれも育ちも違う同士が、その階級という障壁を乗り越えて、腕を組んで舞踏会へ出発する場面。
実は映画では一番好きな場面です(映画でも、ここで休憩になる)。
そのイライザがドレスで登場する直前、ヒギンズが言います。
「階級の溝を埋めるという作業は、ただ教えると言うことでは済まない。イライザのことを大切だと感じていなければ、こんなことは出来ることではない」と心の内を吐露しています。
これを素直に示していれば、ややこしいことにならないのに・・・・

二幕では、舞踏会での大成功で賞賛されるヒギンズと、無視されるイライザの場面になります。
自分の存在は何?と、イライザはヒギンズ邸を飛び出してしまいます。

ヒギンズは他人に感謝を示したり、謝ったり出来ない男です。その上、マザコンだしw
自分の気持ちを言い表せない、というか、自分が常の上の立ち位置にいないと気が済まないヒギンズでもあります。
ヒギンズ母の家での・・・・言わば対決。

その中で、イライザは「ヒギンズに認めて欲しい」という心情から、認めてもらわなくても「自分は一人でやっていけるのだ」という気持ちに切り替わっていきます。
しかし、ヒギンズはいろいろと議論のすり替えやレトリックを弄して、この期に及んでも自分を護ろうとします。
素直にイライザの大切さや、謝罪が出来ないのですネ。

寺脇ヒギンズだと同志だったのに、見栄っ張りで意地を張っている感じ。
一方の別所ヒギンズだと変人だし、神田イライザと距離感もあるので、人を操るサイコパスっぽい。サイコパスが手練手管を弄してイライザを操ろうとしているみたいw

ですから、本当に「イライザは行ってしまった」というのが、まぁ受け容れられます。
ブロードウェイのラストシーンに繋げても良いかもしれません。
あ、別所ヒギンズは最後の場面で帽子を持っていないんですよね。
それはともかく、最後の神田イライザの帰宅は、付け足し感がありました。どうなるかに含みを持たせたとも言えるかも。

一方の寺脇ヒギンズはイライザを失った悲痛な歌が心に響きます。
朝夏イライザが戻ってきて、本当に良かった、とホッとしました!
涙腺が崩壊しそうになりました(/_;)
二人の絆の強さが物語をこう動かしたんだなぁ、と。

いままでのG2版「マイ・フェア・レディ」で一番良かったです。
最後をハッピーエンドで締めくくるのを、すんなり受け容れさせるのが意外に難しい物語なんだと思います。
今まではハッピーエンドで「面白かった」でしたが、今回は「この結末で本当に良かった」と感じました。

あまりに素晴らしかったので、急遽、今夜のソワレ「寺脇-朝夏」組の千穐楽チケットを購入しました。
仕事が終わったらGOです!

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでポチりをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1831位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
419位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ