Category
昨日も仕事で更新できませんでしたm(_ _)m

実は・・・・・一昨日は仕事の後で映画館に行きました!
映画館に行くのは・・・・「レ・ミゼラブル」以来(古っ)。
アウトローがそれだけ面白かったのと、トム様の最新作ですから!

今回は原作もあらかじめ読んでいるので、色々と興味深い。

・・・・・と、ここから先はネタバレになりますので、これから見る予定の人は読まないで下さいねm(_ _)m

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
まだ見に行っていませんが、「ジェイソン・ボーン」が公開されました。
ボーンシリーズの前3作は録画してあります・・・・ってボーン・レガシーは見ていませんがっ(^^;)

シリアスでありつつ、本格的なアクションで息つく暇のないのが、このシリーズの醍醐味。近日中に見に行けるかなぁ?

もう一つ「「ジャック・リーチャー」の予告映像が公開され出しましたネ。
これは「アウトロー」の続編ですが、もともとアウトローの原題が「ジャック・リーチャー」でした。今度のは原題ではNEVER GO BACK」の副題が付いています。

どちらも原作小説の映画化ですが、ジェイソン・ボーンの作品の原作であるロバート・ラドラム「暗殺者」は今となっては長くて読破に骨の折れる小説でしょうか。
その点。「ジャック・リーチャー」シリーズは気楽に読める作品です。

ラドラムの作品は若い頃に読んだ記憶があるのですが、「暗殺者」は読んでいませんでした。読み出してみると映画にはない細かな謎解きと推理を堪能できますが、既に時代が変わっていてピンときにくい部分も多々あったような。

ジャック・リーチャーのシリーズは気楽な反面、いくつか読むとお腹一杯な感じも出てきます。
超能力は無いけど、物語の世界ではスーパーマン的な爽快感かな?

映画でもボーンシリーズは重たさも覚悟して楽しむ作品でしょうか。
アウトローは新作がどうなるか分かりませんが、映画ではトム・クルーズのかっこよさに久々にしびれました。
ミッション・インポッシブルシリーズでもかっこいいけど、あれはコメディ的な映画でしょう(^^;)・・・違うか?
だから痺れる、とは言いがたいのですが、アウトローは最初からかっこよすぎて、トム様に惚れ直してしまった・・・・・

原作だとスーパーマン的ジャック・リーチャーが前半では敵にぼこぼこやられていたのが、後半になると思う存分力を発揮して、千切っては投げ、千切っては投げ、とでも言ったらいいような仕返し的な快感が魅力。
だからアウトローとは違った魅力なんですよね。

かつての007シリーズは今のMIシリーズのコミカルさとボーンシリーズのアクションを兼ね備えた娯楽でしたが、今は・・・・・?
最近の007シリーズは評価が上がっているらしいですが、ボーンシリーズに近づいているような印象です。
コミカルさはMIに任せた、ということかしら?
ただ007に相応しい敵がいなくなったというか、世界情勢が東と西みたいに単純じゃなくて、さらには明らかな敵に対してもお得意さんだから悪口言えないみたいな規制?

日本にいると、かの新悪の帝国の間接侵略や工作員の活動をひしひしと感じるのですが、生々しすぎて娯楽化は難しい?
(何よりも工作員や気付かずに協力している人が多すぎ)

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
映画の話題が続きます。
こちらはコメディ映画「ギャラクシー・クエスト」
これがまた、超豪華キャストで・・・・・・こんな大物揃いのキャストってあり得ない、という感じ。
主演はティム・アレン、主要メンバーはシガニー・ウィバーにアラン・リックマン、トニー・シャルーブ・・・・・
ギャラクシー・クエスト_convert_20160920222308

スター・トレックのパロディ・コメディなんですが、かなり凝った作り。
笑うし、伏線も効いていて感心させられたり・・・・・笑いながら唸ってしまいましたぁ(・o・)

私はスター・トレックの本邦初放送の時(宇宙大作戦の題名でした)、家族で見ていたのは「宇宙家族ロビンソン」でした(大抵の家庭がそうだったみたい)。
後年、土曜日の再放送でチラチラと見た程度で、本当にスタートレックを見たのは最初の映画化の時だと思います。
その後、大学生時代にテレビシリーズの再放送を何となく見て、やっとスター・トレックを理解したのかな?

でも、映画のⅡ・Ⅲは見ずに、評判だったⅣ作目「故郷への長い道」まで縁が切れています。
Ⅳは面白かったです(^_^)v
そのⅣを見てからレンタルでⅡ・Ⅲを見て、嫌になっちゃった・・・・かな?

その後は全然見ていませんの(^_^;)

ですから、この作品(ギャラクシー・クエスト)がスター・トレックへのオマージュに溢れているかどうかは良く分かりませんが、ギャラクシー・クエストがシリーズだったら見たかも・・・・・・なんてね。

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
続きを書かなきゃ、と思って読み返してみると、もう書く必要ないかな、と言う気もしてきました。

なかなか怖がらせる演出もあり、「襲われる!」と言う伏線ぽい場面が続いて、ヒヤヒヤします。

とはいえ、原作の生物学考証的な部分や、博物館内の人事や予算から人間関係の妙味と、警察とFBIの関係などがアッサリし過ぎていて、面白味も随分カットされている?

特に、変人的怪しげなFBI捜査官ペンダーガストが映画に出てこないのが残念。
脚本家は原作の面白さを分かっていなかったのかもしれない、という疑念が。

時々、脚本家や映画監督が、作品の魅力を分かっていなかったのか、という作品ありますね。

けっこう真剣・真面目に作ってあるだけに惜しいなぁ・・・・・
人には奨めにくい作品です。でも、見てもク〇映画だった、とまでの後悔はしなくて済むかな?(いや、怖かったし(^_^;))

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
何年か前に原作を読みました。
原作者の「海賊オッカムの秘宝」が興味深かったものですから。

オッカムの秘宝はキャプテン・キッドの財宝伝説をモデルにした物語。
簡単に説明すると・・・・・・

1795年、ニューファンドランドのオーク島で偶然少年が穴を埋め戻したらしい跡を見つけます。
少年は友 達と穴を掘りますが、3メートルごとにオーク材の層(?多分、穴の中をオーク材で敷き詰めてあるのでしょうか)に遮られ、9メートルまで掘り進めて断念(9メートル、子供だけで掘ったのも凄いですけど)。
大人になってからこの話に出資者が現れ、機械や作業員を入れて掘り始めますが・・・・・
24メートルで水が浸入してきて失敗。
以後も何回か謎の穴の跡を掘り進める計画が実行に移されますが、浸水に阻まれます。

何回目かの調査で25メートルと45メートルの深さで別の海岸から海につながる横穴が作られていて、穴を掘り進めると穴を浸水で塞ぐ仕掛けがあることが分かってきます。
他にもいろいろな障害が仕組まれていて、結局謎の穴は解明されないままらしい・・・・・・

18世紀以前に作られた仕掛けが21世紀になろうとしているのに、まだ謎のままって・・・・・と思うでしょ。
子供の頃に、この話を知ったときに私も感じました。

小説は現代の技術によって海賊の仕掛けた罠を打ち破ろうという冒険小説なんですけど、現実には費用対効果の面でオーク島は破棄されたままのようです。
実際問題、これほど大規模な土木工事を海賊を使って可能なのか、という問題です。
そんな秘術を海賊船ごときが持っていたのか?

そう考えると、財宝の期待は・・・・・・
でも、だれが何のためにこんな手間をかけるのか・・・・・

まったく謎ですね・・・・・・

あっと「レリック」の話でした。
これは南米で暗殺用生物兵器である怪物が博物館内に入り込んでしまい、謎の連続猟奇殺人が発生。
しかも、新たに開催される南米の歴史展のレセプションで閉鎖された会場に集まるセレブ達。隠れ潜む飢えた怪物の興奮も極限に達し・・・・・・!という物語。

原作読んでいましたが、映像化されるとやっぱりハラハラします。
長くなったので、詳しくは後日(。・_・。)ノ

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3854位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
822位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ