先日、クリスタル殺人事件の話を書きましたが、推理ものとか探偵小説、今ではミステリー小説とかで広く分類されるものって面白いですよね。

19世紀に欧米でポーやコナン・ドイルがブームを作ったのだと思いますが、その後、小説の中では名探偵が何人も生まれ続けています。

とは言え、ネーム・バリューやファンの多さではシャーロック・ホームズが群を抜いているでしょうか?
エルキュール・ポアロも愛読者が多いですけど、シャーロキアンと呼ばれる方々が世界中にいるのに対して、ポアリアン?やポアラー?とかポアリスト?なんて耳にしません(いらっしゃったらスミマセン)。

個人的には19-20世紀の英国小説って本当に面白い!と感じます。
帝国主義のラスボスとして世界中に覇権を張り巡らした中でしか、ああしたものは生まれないのかも知れません。

そんな大きい話は置いておいて、探偵小説というスタイルはホームズが生み、謎解きとしての推理小説はクリスティが鍛えたのかも。
トリックや科学捜査などが、それらに加わっていき、状況設定と人間関係の描写が彩りつつ、未だに多くの名作が生み出されているのでしょう。

映画だとポアロは豪華オールスターキャスト、ホームズは今でもロバート・ダウニーJrやカンパーバッチが新しい人物像を作り続けています。

最近「緋色の憂鬱」という本を読みましたが、秀逸な設定で楽しかったです。で、いま、「シャーロック・ホームズ殺人事件」という現代のシャーロキアン達の中で起こる事件と、コナン・ドイル自身の事件とを、時代 行き来して描く(なぜ行き来しているのか、今は分かりません)小説を読み出しています。

問題なのは、この小説を読んでいるとシャーロキアンが聖典と呼ぶシャーロック・ホームズのシリーズを読みたくなってしょうがありません(^^;)

昔は新潮文庫の延原謙さんが翻訳したものを読んでいましたが、今は手元にないし、新しい翻訳も随分と出てきています。
さて、何が良いのだろうと調べてみると・・・・・・
(以前に翻訳のことを調べていたときに、意外と新しいものより延原さんの方が正しい場合が多いという話もあった)

決定版としてはちくま文庫のシリーズ(ただし現在は在庫切れ)と河出文庫のシリーズだということ(ただしレビューを見ると文庫化される前の単行本の時にあった膨大な注釈が一部省かれているという不満も)です。

ちくま文庫はAmazonで探すと全冊セットが見つかりますが、そこまでマニアでないからいいかなぁ、と。

もちろん、原書で読めれば文句ないんでしょうけど、それは言わないで(^_^;)


ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
わぁ、もう動画アップされています。



本当にクリエ・ミュージカル・コレクションⅣを楽しみにしています!

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
評判悪いみたいですね。
先日WOWOWで放送されたのをようやく見ました。

まぁ、話は分かりにくいのですが(amazonのレビューを見ると、アルティメット版では説明エピソードの省略がなくて分かりやすいらしいです)、今年夏のワンダーウーマンに繋がる(というか後戻りのきっかけ?)ストーリーです。

どうしてバットマンがスーパーマンを警戒するのか、今ひとつ分からないのですが(スーパーマンがバットマンを悪と見なすのは分かります)、ワンダーウーマンの登場(ドレス姿)でハッと目が覚めました。
えっ!どうなるの?と。

メタヒューマンって何?となりますが、最後のモンスターとの対決で、待ちに待ったワンダーウーマン登場でそこまでの重苦しさを全て許してしまうくらい(^▽^)
ワンダーウーマンの活躍で興奮しましたぁ!(^^)!

興行成績が酷いらしくて、続編?は期待薄かも知れませんが、ワンダーウーマン次第かな♪

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
アガサ・クリスティのミス・マープル シリーズの映画化。
この頃は1974年に「オリエント急行殺人事件」
1978年の「ナイル殺人事件」
1980年の「クリスタル殺人事件」
1982年の「地中海殺人事件」
と、超豪華キャストでクリスティものが映画化され続けていました。

私自身はオリエント急行殺人事件の映画宣伝を見るまでクリスティという作家を知りませんでした。
小学校の高学年でしたが、映画は見に行けず、代わりに原作小説を読みました。

推理小説というとコナン・ドイルやルブラン、江戸川乱歩ぐらいしか知らなかった小学生にはポアロシリーズは衝撃的でした。
情報開示されていて、謎解きを読者も探偵と同じに進められる・・・・・・
探偵だけがつかんだ情報がないのが前提として、読者も推理に参加できる・・・・・

と、中学生時代は夢中で読んでいった記憶・・・・・・

オリエント急行殺人事件が公開された後は、日本でもクリスティブームが起こっていて、通学途中でも何人もの人がポアロものを読んでいたのを目にしました。
まだクリスティ女史自身がご存命でもあり(亡くなるのは1976年)、生きた伝説でもあったわけです。

死後出版契約だったポアロ最後の事件「カーテン」が生前出版されることとなり、日本でもハードカバーの単行本が飛ぶように売れて、しかもそれから程なくしてクリスティ女史の死が報じられる・・・・・・
なんとも不思議な巡り合わせです。

デビュー作の「スタイルズ荘の殺人」が1920年の出版ですが、この時期はコナン・ドイルが「シャーロック・ホームズの事件簿」を連載していた時期でもあるようで、シャーロック・ホームズという金字塔が作り上げた推理小説が、まさにガラリと形を変えようという時期にさしかかっていたわけです。

まぁ、それはともかく・・・・・(^_^;)
「クリスタル殺人事件」の話題。
原作小説の邦題は「鏡は横にひび割れて」
読んだ気がするのですが映画を見ていて全然記憶にありませんでした。

とにかくエリザベス・テーラーとロック・ハドスンが格好いい!
かつてその美貌で一世を風靡した大女優の復帰作の撮影。そして監督が夫であるロック・ハドスン。
そこにライバル女優のキム・ノヴァクやプロデューサーのトニー・カーティス、マネージャーのジェラルディン・チャップリンなどなど絡んできます。

ミス・マープルを演じているアンジェラ・ランズベリーが、前作の「ナイル殺人事件」ではぶっ飛んだ老女流小説家だったので、「このオバアチャン大丈夫?」という気になったりもしました。

でも何よりも心を打つのが、エリザベス・テーラーとロック・ハドスンの夫婦の関係性。
ラスト近くで言わずとも通じ合えていて、でも相手を気遣って言わずにいながら、知らず知らずに同じゴールに進んでいた・・・・・・
そんな夫婦愛というか夫婦の絆に、ラストシーンで涙してしまった(/_・、)

ロック・ハドスンの二枚目っぷりが健在で、ナイスガイっぷりにやられてしまいました。
こんな長身(190cm)でハンサムで優しそう・・・・・アメリカの理想と言われたのも分かります。

ずっと顔だけの大根役者と思っていてスミマセンでしたm(_ _)m

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
今日から3月。
いよいよ春がやって来ます!

アカデミー賞の発表も終わったし(ララランドは作品賞にならなかったですね)、新年度も近づいてきました。

良い年度締めに向けて、少し頑張ってみましょうか(*^▽^*)

では、ハッピー・マーチでいきましょう(^-^)/~~

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでクリックをお願いします。
プロフィール

Dantess

Author:Dantess
舞台への熱がおさまりません。
新作も再演も気に入った舞台は、お財布と相談しながら通ってしまいます。

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
620位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ